好天の千秋公園、花見客続々 「屋台が並ぶの久しぶり」

会員向け記事

露店が並び大勢の来場者でにぎわった秋田市の千秋公園

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、県内に花見シーズンが到来した。桜の開花と好天が重なった県央部の名所は17日、大勢の花見客でにぎわった。

 約700本の桜が並ぶ秋田市の千秋公園は、露店の出店数を減らすなど規模を縮小し、3年ぶりに「桜まつり」(13~24日)を開催。七分咲きとなり、一帯がピンク色に染まった園内では、花見客が露店の食べ物を味わったり、カメラで桜を撮影したりして楽しんでいた。

 主催する秋田観光コンベンション協会によると、露店を例年の約80店から約50店に減らし、飲酒やシートを敷いての飲食は禁止。会場内にアルコール消毒液を設置したり、「マスクの着用、間隔の確保にご協力ください」と放送したりして感染対策を取っている。

 露店で買ったフルーツあめを友人と一緒に食べていた秋田市泉の齊藤万穂さん(14)は「屋台が並んでいるのは久しぶり。花見が楽しくなった」。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース