「身近で起こるとは…」 コンビニ店員、特殊詐欺被害防ぐ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
加藤署長(左)から感謝状を受け取る齋藤オーナー
加藤署長(左)から感謝状を受け取る齋藤オーナー

 特殊詐欺被害を防いだとして、秋田県警五城目署は18日、セブン―イレブン潟上昭和大久保店の齋藤尚徳オーナー(51)とパート店員の女性に感謝状を贈った。

 同店によると、5日午前10時ごろ、店員女性が、来店した高齢男性からATMの操作方法を尋ねられた。事情を聞いたところ、男性は「くじで5万円当たったとメールが来た」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース