全県総体、6月3~7日に集中開催 原則、無観客で実施

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県高校体育連盟の2022年度第1回評議員・理事合同会議が22日、秋田市のANAクラウンプラザホテル秋田で開かれた。第68回県総合体育大会(全県総体)は6月3~7日、秋田市を中心に各地で集中開催することを決めた。昨年に続き、新型コロナウイルス感染防止のため、原則無観客で行う。

 校長、競技専門部の担当者ら約130人が出席。役員改選で、会長に永井元・秋田北高校長、理事長に同校の冨樫義史教諭をそれぞれ再任した。永井会長は「コロナの変異株が確認され予断を許さない状況だが、対策を講じ、学びの場の保障と成果発表の確保に努めたい」とあいさつした。

 全県総体の総合開会式は6月3日午後1時半から秋田市文化会館大ホールで開催。コロナ感染防止のため、出席を各校3人までとし、オンラインで各校に配信する。

 集中開催期間中は各地で22競技を実施。陸上、体操・新体操、柔道、ボクシング、レスリング、自転車は先行開催。水泳は6月24~26日、駅伝は10月、スキーは1月に行う。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース