「書の祭典」高校生、豪快な筆運び 秋田市・アルヴェ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
パフォーマンスで筆を運ぶ秋田令和高生
パフォーマンスで筆を運ぶ秋田令和高生

 書道の魅力を発信する「書の祭典」が22日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで始まった。県内の高校生が書道パフォーマンスを披露するほか、書道用品の展示販売などが行われ、来場者でにぎわっている。24日まで。

 22日は、秋田令和高校(秋田市)の書道部員6人が登場。同校の合唱部員6人が歌う「春が来た」や「春の小川」など春を題材にした童謡など6曲のメドレーに合わせてパフォーマンスした。

 書道部員は、縦約4メートル、横6メートルの巨大な紙の上で、豪快に筆を運び、中心に「桜花爛漫」と書いた。「コロナ禍を生きる私たちにも 温かな日差しが降り注ぎますように」と部員たちで考えたメッセージも添えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース