知床観光船26人安否不明 遭難か、海保捜索続く

※写真クリックで拡大表示します
観光船「KAZU 1」(知床遊覧船のホームページから)
観光船「KAZU 1」(知床遊覧船のホームページから)

 23日午後1時15分ごろ、北海道斜里町の知床半島西側のオホーツク海を航行中の観光船「KAZU 1(カズワン)=19トン」から「浸水している」と第1管区海上保安本部(小樽)に救助要請があった。海上保安庁は、子ども2人を含む乗客乗員計26人の安否が分からないと明らかにした。遭難したとみて、1管のヘリコプターや巡視船が現場海域を捜索しているが、午後11時現在、見つかっていない。この日が運航初日だった。

 斜里町では朝から強風が吹き、波が高い状況だった。1管によると、26人のうち客は大人22人と子ども2人で、他に船長と甲板員が1人ずつ乗っていた。

お気に入りに登録
シェアする