被爆団体などから不満や驚き 佐竹知事「核保有議論」見解

会員向け記事
お気に入りに登録

 佐竹敬久・秋田県知事の「核兵器保有も含め、防衛政策の在り方の議論を始めてもらいたい」、「日本人を平和ボケ状態にした憲法9条はいますぐにでも改正すべきだ」といった見解について、県内の被爆団体や県民から不満や驚きの声が上がった。

佐竹知事「核保有含め議論を」 「WiLL」掲載記事が波紋

 土崎港被爆市民会議の伊藤紀久夫会長(81)=秋田市=は、知事の憲法9条に関する意見に「『平和ボケ』という言葉を使っているが、まるで平和が悪いような印象を持った。発言の真意を知りたい」と疑問を呈す。「個人の意見としては自由だが、土崎空襲の現場となった秋田の長としてはおかしい。発言には断固反対だ」と憤る。

秋田の最新ニュース