知床、荒天予想でもツアー常態化 条件付き運航ないと国交省

※写真クリックで拡大表示します
知床半島沖の観光船遭難事故について記者会見する「知床遊覧船」の桂田精一社長=27日午後5時3分、北海道斜里町
知床半島沖の観光船遭難事故について記者会見する「知床遊覧船」の桂田精一社長=27日午後5時3分、北海道斜里町

 北海道・知床沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU 1(カズワン)」=19トン=が遭難し、11人が死亡、15人が行方不明になった事故で、運航会社の「知床遊覧船」(斜里町)は、荒天が予想される場合でも、ツアーを実施するケースが常態化していたことが28日、分かった。同社の桂田精一社長(58)が明らかにした。海が荒れた場合は船長判断で引き返す「条件付き運航」だったとしている。

 ただ国土交通省は「安全管理規程上、そういう考え方はない」との見方を示しており、同社のツアー運航に不備がなかったかも含め特別監査で実態把握を進める方針。

お気に入りに登録
シェアする