「あやとり」の手刷り実演 池田修三さん生誕100周年でイベント

会員向け記事
お気に入りに登録

完成した作品「あやとり」

 秋田県にかほ市象潟町出身の木版画家・故池田修三さんの生誕100周年を迎えた30日、池田さんと親交があった木版画摺(す)り師の小林義昭さん(69)=横浜市=が、にかほ市の象潟公会堂で池田作品の手刷りを実演した。

 小林さんは、横浜市で60年以上続く木版画工房「竹芳洞(ちくほうどう)」の代表。池田さんをはじめ、全国各地の木版画家の版木を預かり、手刷りで版画に仕上げている。

 池田さんが竹芳洞のために制作した作品「あやとり」(1986年)を手刷りした。池田さんのファンら約20人が作業を見守った。

秋田の最新ニュース