親子で「声磨き」普及に取り組む 秋田市出身の佐藤さん

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
「声磨き」の普及に努めている佐藤さん(右)と長女の直さん
「声磨き」の普及に努めている佐藤さん(右)と長女の直さん

 コミュニケーションを円滑にするための発声や話し方を学ぶ「声磨き」を提唱する日本声磨き普及協会(さいたま市)の代表、佐藤恵さん(60)は秋田市出身。協会では「良(4)い(1)声(5)」の語呂合わせから4月15日を「良い声の日」としており、今年の4月15日には、発声や喉の力を鍛えるオリジナル体操の動画をユーチューブチャンネルで公開した。

 佐藤さんは、さいたま市を拠点として声や話し方に悩む人向けのレッスンを展開。女性専用の話し方スクールを開講しているほか、社員研修など法人からの指導依頼にも応じている。

 声磨きのトレーニングは、表情筋や、物を飲み込む喉の力を鍛えることにもつながるとして、自治体の健康づくり教室での講演依頼も舞い込んでいる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース