楽しく飲んでほしいPB純米酒 「らん・ラン・RUN」発売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小町酒人会が発売した純米酒「らん・ラン・RUN」
小町酒人会が発売した純米酒「らん・ラン・RUN」

 秋田県湯沢市内の5酒販店でつくる「小町酒人会」(佐藤芳嗣代表)は、プライベートブランド(PB)の純米酒「らん・ラン・RUN」を発売した。楽しく飲んでもらおうと考案した。限定300本。

 「らん―」は「爛漫」の醸造元・秋田銘醸(湯沢市)が、地元産の県酒造好適米「一穂積」を100%使用して醸した。爽やかな香りで、甘みと酸味のバランスが良いという。