コメの甘み、もっちり食感…パンと生麺に JA秋田しんせい

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
米粉を使った食パン(左)と、グルテンフリーの生麺「麺け ひとめぼれ」
米粉を使った食パン(左)と、グルテンフリーの生麺「麺け ひとめぼれ」

 JA秋田しんせい(本店・秋田県由利本荘市)は、独自ブランド「土づくり実証米」のひとめぼれの米粉で作ったパンと生麺「麺け ひとめぼれ」を開発した。米価が下落している中、コメの消費拡大につなげる狙い。同JAは「ウクライナ侵攻の影響で小麦価格が上昇する中、小麦粉の代用品として米粉の需要を拡大したい」としている。

 パンには米粉を3割ほど使用。食パンのほか、あんパン、カレーパン、メロンパンがある。生麺は米粉を100%使ったグルテンフリー(小麦不使用)麺で、秋田弁の「めんけ(かわいい)」と「麺け(麺を食べて)」を掛けた商品名にした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース