横手やきそば食べてウクライナ支援 提供各店舗に募金箱設置

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手やきそばを提供する各店舗に設置された募金箱
横手やきそばを提供する各店舗に設置された募金箱

 横手やきそばを提供する秋田県横手市の約30店が、ロシアによる侵攻が続くウクライナを支援しようと、各店に募金箱を設置した。

 活動の主体は、町おこし団体「横手やきそばサンライ’S(ズ)」と、提供店舗による協同組合「横手やきそば暖簾(のれん)会」。やきそばは小麦を主な原材料とすることから、一大産地であるウクライナの力になりたいと始めた。