3年ぶりみこし巡行、コロナ収束願う 三種町下岩川

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
長面神明社の祭典でみこしを担ぎ練り歩く地域住民
長面神明社の祭典でみこしを担ぎ練り歩く地域住民

 秋田県三種町下岩川の長面神明社の祭典が5日、3年ぶりに開かれた。地域住民がみこしを担いで集落を練り歩き、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)、新型コロナウイルスの収束を願った。

秋田の最新ニュース