4月の県内倒産数5件 前年比4件増、全てコロナ関連に該当

会員向け記事

 東京商工リサーチ秋田支店がまとめた4月の県内倒産状況(負債額1千万円以上)によると、倒産件数は前年同月比4件増の5件、負債総額は4億7700万円だった。1月から4月までの倒産件数は前年同期比12件増の15件となっており、同支店は「コロナ禍で疲弊した中小・零細企業の倒産が今後増える可能性がある」とみている。

 5件全てが新型コロナ関連倒産に該当した。10億円以上の大型倒産はなかった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース