オリックス中嶋監督、屈辱の6連敗 切り替え強調

※写真クリックで拡大表示します

 オリックスは今季ワーストの6連敗を喫し、借金は5となった。中嶋監督にとっても、6連敗は一昨年の監督代行時代を含めて初の屈辱。投打に精彩を欠く状況に「乗り越えないといけない。明日、全力でいくしかない」と切り替えを強調した。

楽7―1オ(7日) 楽天、球団記録の連勝9に

 得点力不足はこの日も顕著だった。四回に頓宮の適時二塁打で1点を返し、さらに1死一、三塁と楽天の早川を攻め立てた。だが、太田、紅林が凡退し、同点、勝ち越しの好機を逸した。中嶋監督は「追い付くことはもちろん、ひっくり返すことができたら」と、畳みかける攻めができていない打線の奮起を促した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース