デフリンピック、日本は金11個 1大会最多

お気に入りに登録

 聴覚障害者による国際総合スポーツ大会「デフリンピック」の第24回夏季大会は9日、ブラジルのカシアスドスルで行われ、陸上男子ハンマー投げで石田考正(EY Japan)が優勝し、日本選手団が獲得した今大会の金メダル数が11に伸びた。10個だった2001年のローマ大会を抜いて1大会最多となった。

 1日に開幕した今回、日本は9日までに計27個のメダルを取り、トルコで実施の前回17年で記録した最多獲得数に並んだ。国・地域別ではウクライナ、米国に次いで3番目の多さ。

 大会は15日に閉幕する。次回25年大会の開催地は未定で、日本は東京都での初実施を目指している。