ハピネッツを迎え撃つ琉球…沖縄地元紙の担当記者はこう見る

※写真クリックで拡大表示します
地区優勝セレモニーを終え、会場を1周する琉球の選手たち=沖縄アリーナ
地区優勝セレモニーを終え、会場を1周する琉球の選手たち=沖縄アリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のチャンピオンシップ(CS)が13日開幕する。沖縄市の沖縄アリーナでは、圧倒的な強さで西地区5連覇を果たした琉球ゴールデンキングスが、ワイルドカード2位で辛くも出場権を勝ち取った秋田ノーザンハピネッツと対戦する。共に熱狂的なブースターに支えられ、旧bjリーグから競い合ってきた両チームはどう戦うのか。沖縄県の地元紙・琉球新報の担当記者はこう見る。

秋田の爆発力を警戒、古川のプレー楽しみ


琉球新報・謝花史哲記者

 接戦を勝ち抜きCS最後の一枠をつかんだ秋田。CSに進出したチームで最も勢いがあると言っていい。キングスは確かに早々と西地区優勝、CS進出を決めリーグ最高勝率を記録したが、シーズン最後まで張り詰めた中で試合を重ねてきた秋田の爆発力は未知数で恐怖しかない。

 キングスはリーグトップのリバウンド力を強みに攻守で優位性を保ってきた。しかし秋田にはそれを沈黙させるシュート力がある。

 3点弾成功率37・8%はリーグ1位。ミドルシュートも含め、外から攻め立てられたら手が付けられなくなる。元キングスの古川孝敏が沖縄のファンの前で躍動する姿も楽しみだ。

 キングスは、全員がマッチアップの相手に張り付いて自由にさせない堅守が持ち味だ。強度の高い守備を持続し、いかにシュート成功率を落とすかが鍵を握る。

 西地区5連覇で悲願のリーグ制覇を狙うキングスにとっても負けられないCSになる。

 bj時代からしのぎを削り、Bリーグ開幕から6年目で初のCS進出を果たした秋田との一戦は、沖縄のブースターにとっても心躍る対戦カード。敵地だとは思うが、最高のパフォーマンスで沖縄アリーナをキングスとともに沸かせてほしい。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース