高卒求人、早期提出を 県と秋田労働局が要請

会員向け記事

県商議所連合会の三浦会長に要請書を手渡す佐竹知事(左)

 秋田県と秋田労働局は12日、来春卒業する高校生に向けた求人票の早期提出や生徒、教員、保護者への採用に関する積極的な情報発信などを県内経済5団体に要請した。佐竹敬久知事、安田浩幸県教育長、川口秀人秋田労働局長が県商工会館を訪れ、各団体に要請書を手渡した。

 要請先は県商工会議所連合会、県商工会連合会、県経営者協会、秋田経済同友会、県中小企業団体中央会。佐竹知事は「新型コロナウイルス禍の影響もあり、地元で働きたいと考える生徒が増えている。若者の県内定着に向け協力をお願いしたい」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース