前田HC「秋田には夢がある」 育ててもらってる感謝を口に

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
交代した選手を迎える前田ヘッドコーチ(手前)。CS出場に満足せず勝利を目指す
交代した選手を迎える前田ヘッドコーチ(手前)。CS出場に満足せず勝利を目指す

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツは13日、沖縄市の沖縄アリーナで初めてチャンピオンシップ(CS)の舞台に立った。激戦の東地区で勝ち星を重ね、CSに導いたのはヘッドコーチ(HC)就任3季目の前田顕蔵さん(39)。2019~20年シーズン以降、19、28、31勝と着実にチームを前進させる指揮官は「秋田に育ててもらっている思いしかない」と感謝を口にする。

 17年5月14日、秋田市のCNAアリーナで行われたB1残留プレーオフ。秋田は2点リードの残り1秒で横浜に劇的なシュートを決められ、B2に突き落とされた。悪夢のような幕切れにうなだれる選手、悲鳴を上げるファン。Bリーグ1季目で厳しい現実を突き付けられた。

秋田の最新ニュース