秋田市、イオンタウンと基本協定締結 外旭川まちづくり事業

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市は13日、外旭川地区で検討しているまちづくりモデル地区整備事業を協働で進めるパートナーとして、イオンタウン(千葉市、加藤久誠社長)と基本協定を締結した。

 協定は、市が人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)などの先端技術を生かしたまちづくりのモデル地区整備を外旭川で目指すに当たり、民間事業者の知見やノウハウを取り入れる狙い。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース