地方点描:故郷の情景[横手支社編集部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 ふるさとは遠きにありて描くもの。室生犀星の詩の一節を借り、そんなフレーズが思い浮かんだ。

 横手市の公民館・十文字西地区館を先日訪れると、昭和初期の当地の四季を描いた水彩画がロビーに並んでいた。田植え、アイスキャンディーの行商、冬の登校…。21枚それぞれに「し~ずかなしずかな里の秋」などの説明が手書きされ、漫画風で素朴な味わいだ。

秋田の最新ニュース