明桜のエース野中、投打でけん引 角館の打線沈黙

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【明桜―角館】4回表2死満塁、明桜の野中が決勝点となる中前適時打を放つ=こまちスタジアム
【明桜―角館】4回表2死満塁、明桜の野中が決勝点となる中前適時打を放つ=こまちスタジアム

 明桜は四回、2四球と失策、ボークで2死満塁とし、野中の中前適時打で1点を先制した。野中は3安打、9奪三振で完封し、この1点を守った。

 角館は畠山から田口の継投で抑えたが、打線が封じられた。守備の乱れで失った点が最後まで重く響いた。

能代松陽、横手など準々決勝へ 春季高校野球県大会

 明桜のエース野中天翔(3年)が角館を3安打に完封し、自ら決勝点をたたき出した。