松陽齋藤、自らのバットで勝ち越し 中央、3回から打線沈黙

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【秋田中央―能代松陽】2回裏1死一、三塁、能代松陽の齋藤が左前適時打を放つ=さきがけ八橋球場
【秋田中央―能代松陽】2回裏1死一、三塁、能代松陽の齋藤が左前適時打を放つ=さきがけ八橋球場

 能代松陽が序盤のリードを守り切った。1点を追う二回、1死二、三塁から田中の中前打で同点に追い付き、続く齋藤の左前打で勝ち越した。三回以降は継投で無得点に抑えた。

 秋田中央は優位に立ちながら失点を抑えられず、三回からは打線が沈黙した。

能代松陽、横手など準々決勝へ 春季高校野球県大会

 能代松陽の先発齋藤舜介(2年)は制球に苦しみ、二回に押し出し四球でリードを許した。その裏の攻撃では好機で打席に立ち、狙っていた直球を左前にはじき返して自らのバットで勝ち越しを呼び込んだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース