羽後町産亀ノ尾で仕込んだ純米酒 「一燈」うまみしっかり

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 浅舞酒造(秋田県横手市平鹿町)は、羽後町田代地区産の酒米「亀ノ尾」で仕込んだ純米酒「一燈(いっとう)」の生酒を発売した。コメのうまみをしっかりと感じる日本酒に仕上がったという。

 浅舞酒造によると、亀ノ尾は明治期に山形県庄内町で生まれた品種で、当時は広く食用米や酒米として使われたが、生育が難しいことから次第に栽培面積を減らした。日本酒にすると味わいが良いと人気で、各地で一定の栽培は続けられているという。

羽後町田代地区産の酒米「亀ノ尾」で仕込んだ純米酒「一燈」

同じジャンルのニュース