八郎湖の環境保全、ゲームで学ぼう NPO法人が出前講座

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カードゲームを使って、楽しみながら八郎湖の環境を学ぶ生徒たち
カードゲームを使って、楽しみながら八郎湖の環境を学ぶ生徒たち

 八郎湖の環境保全に取り組むNPO法人はちろうプロジェクト(はちプロ)は13日、秋田市の御所野学院高校で、カードゲームを使って八郎湖の生態系を学ぶ出前講座を開いた。生徒たちは、楽しみながら生き物が暮らしやすい環境について考えた。

 同校の「郷土学」の授業の一環で、1、2年生の生徒計23人が参加。はちプロが3年前に秋田県立大、秋田公立美術大の学生たちと制作したカードゲーム「はちリバ~Hachiro Revival(はちろうリバイバル)」を使用した。