選手送迎のブラウU15コーチ 道路脇の児童保護、事務所へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
感謝状を手にする大谷川さん
感謝状を手にする大谷川さん

 サッカーJ2・ブラウブリッツ秋田のU―15(15歳以下)コーチの大谷川展幸(だいやがわひろゆき)さん(33)が、夜に道路脇でしゃがみ込んでいる10代の男子児童を保護した。秋田臨港署が安全確保に貢献したとして感謝状を贈った。

 署などによると、大谷川さんは4月26日午後9時半ごろ、潟上市の練習場から選手をマイクロバスで送迎中、秋田市の県道脇に衣服がぬれた状態でしゃがみ込んでいる男児を発見。バスを止め、児童に「どうしたの」などと声をかけてバスに乗せ、事務所に向かった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース