由利本荘市沖のボーリング調査に着手 風車建設に向け、共同事業体

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ボーリング調査用のやぐら(中央)を積み、由利本荘市沖に向けて秋田港向浜岸壁を出港する作業船=17日午前4時50分ごろ、秋田市向浜
ボーリング調査用のやぐら(中央)を積み、由利本荘市沖に向けて秋田港向浜岸壁を出港する作業船=17日午前4時50分ごろ、秋田市向浜

 秋田県沖で洋上風力発電事業を手がける三菱商事エナジーソリューションズ(東京)などの共同事業体は17日、「由利本荘市沖(北側・南側)」のボーリング調査に着手した。風車の建設や海底ケーブルの設置に向け、海底を掘削して地盤構造を把握するのが目的。調査は9月までの予定。

 ボーリング調査は、鋼製のやぐらを使って行う。由利本荘市沖の海底10カ所にやぐらを設置し、70~120メートルの深さまで掘削して地質を調べる。

 17日午前4時50分ごろ、高さ42・6メートルのやぐら1基を積んだ作業船が秋田市の秋田港向浜岸壁を出港。同10時半ごろ、由利本荘市西目町沖に到着し、およそ1時間かけて海底にやぐらを設置した。18日以降、掘削作業に取りかかる。

同じジャンルのニュース