仙北市とJRがオンデマンド交通開始 角館中心に周辺ぐるり

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
仙北市役所角館庁舎で行われた「よぶのる角館」の出発式
仙北市役所角館庁舎で行われた「よぶのる角館」の出発式

 秋田県仙北市とJR東日本秋田支社は17日、共同で運営するオンデマンド交通「よぶのる角館」の運行を始めた。JR角館駅や武家屋敷通り周辺のエリアを中心に、予約に応じて車両を運行する乗り合いの交通サービスで、観光客や地元住民の足として利便性を向上させる。

 よぶのる角館は、羽後交通(横手市)と角館観光タクシー(仙北市)のドライバーが8人乗りの車両2台を運行。角館駅や武家屋敷通り周辺の一帯をフリー区域として、区域内であればタクシーのようにどこでも乗降可能。フリー区域外でも「角館温泉 花葉館」「あきた芸術村」「抱返り渓谷」など7カ所の観光スポットで乗り降りできる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース