職場環境改善へ知恵絞る 「創意工夫功労者賞」に県内4人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
写真に納まる(左から)田村さん、畑沢さん、猿田副知事、鈴木さん、佐々木さん
写真に納まる(左から)田村さん、畑沢さん、猿田副知事、鈴木さん、佐々木さん

 産業技術や作業効率の向上に貢献した技術者を表彰する文部科学省の「創意工夫功労者賞」に、河野光学レンズ秋田工場(横手市十文字町)の佐々木悠さん(30)ら県内3社の4人が選ばれた。受賞者の取り組みを紹介する。

河野光学レンズ・佐々木さん 手順動画作成し「多能工」を育成


 河野光学レンズの佐々木さんは作業手順を動画にまとめ、1人の従業員が複数の工程や業務を担う「多能工」の育成につなげた。作業の正確性も向上し、レンズ製品の不良率は従来の20%から7%に低減した。

 これまでは文章で書かれた手順書しかなく、経験の浅い作業者に対しては指導役が付きっきりで対応するケースが少なくなかった。手順を動画にまとめたことで、経験と勘に頼っていた作業の平準化が図られ、生産効率もアップしたという。

同じジャンルのニュース