海面上昇幅、過去最高に 高気温の継続受け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
グリーンランドの氷山。地球温暖化の進行に伴いグリーンランドでは氷が解ける速度が増している=2019年(AP=共同)
グリーンランドの氷山。地球温暖化の進行に伴いグリーンランドでは氷が解ける速度が増している=2019年(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は18日、2013~21年に世界で海面が年間平均で4・5ミリ上昇し、過去最高となったと発表した。世界的な気温上昇傾向が続いていることを受け、北極の海氷や南極の氷床などが減少したことが主要因で、海水温の上昇も続いている。

 海面は03~12年は年間平均で2・9ミリ、1993~02年は2・1ミリ高くなってきており、近年の上昇幅の大きさが際立ってきている。93年以降、海面上昇はほぼ全海域で確認されているが、日本やフィリピン、ニュージーランドの東方、インド洋の南西部、大西洋の南部で特に高くなっている。