横手産リンゴの発泡酒できました JAと地元業者が共同開発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
共同開発した発泡酒を手にする平良木部長(右)と阿部社長
共同開発した発泡酒を手にする平良木部長(右)と阿部社長

 横手市のJA秋田ふるさとりんご部会青年部(平良木亨部長)は、同市十文字町でゲストハウス事業と醸造事業を手がける「杢(もく)」(阿部円香社長)と共同で、地元産リンゴの果汁を使った発泡酒を開発した。杢が運営するゲストハウス&バー「カモシバ」や、ウェブサイトで販売している。

同じジャンルのニュース