夏に北東北観光キャンペーン、縄文や夏祭りで多彩な企画

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会見には佐竹知事(右)らが出席し、北東北への誘客促進に向けた連携を誓った
会見には佐竹知事(右)らが出席し、北東北への誘客促進に向けた連携を誓った

 秋田と青森、岩手の3県などでつくる北東北三県観光立県推進協議会とJR東日本は19日、7~9月に実施する「北東北三県大型観光キャンペーン」の概要を発表した。7月に世界文化遺産登録から1年を迎える「北海道・北東北の縄文遺跡群」や各地の夏祭りの魅力をアピールする多彩な特別企画を展開。新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる観光需要の回復を目指す。

 秋田県では約30の特別企画を実施する。縄文遺跡群を構成する鹿角市の大湯環状列石ではレプリカの土器を使って木の実を調理するプログラムを設け、観光客に縄文時代の食文化を体験してもらう。秋田市では竿燈まつりの練習体験会を開催。横手市の老舗こうじ店が運営する飲食店ではみそ玉作りが体験できる。

同じジャンルのニュース