時代を語る・明石康(11)捨てかけた米国留学

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米留学した仲間と(右)
米留学した仲間と(右)

 私がお世話になった一人に松本重治さんがいます。国際ジャーナリストで戦後は東京・六本木の国際文化会館の設立に尽力した方です。

 私は東大の卒業論文で、米独立宣言の起草者として知られる第3代ジェファソン大統領をテーマにしていました。松本さんはジェファソンの数少ない研究者。面識はなかったものの、手紙を出すと自宅でお話を聞かせてもらうことができ、激励を受けたのです。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース