佐竹知事、月刊誌の発言撤回せず 核保有議論、9条改正巡る主張

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 佐竹敬久知事は20日、月刊誌に掲載された自身の核兵器保有議論や憲法9条改正に関する発言を撤回しない考えを示した。共産党県委員会や護憲派市民団体からの撤回要請に応じないとし「日本は公序良俗に反しない限り、思想信条、言論の自由がある。議論にふたをしては駄目だ」と述べた。県庁で開かれた記者会見で報道陣の取材に答えた。

同じジャンルのニュース