平塚の運転手強殺、情報提供を 発生12年、チラシ配布

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR平塚駅前で通行人に情報提供を呼びかける神奈川県平塚署の飯塚博史署長(左)=20日午前
JR平塚駅前で通行人に情報提供を呼びかける神奈川県平塚署の飯塚博史署長(左)=20日午前

 神奈川県平塚市で2010年5月、タクシー運転手荒井庄次郎さん=当時(62)=が殺害された強盗殺人事件が未解決のまま発生から12年となった20日、平塚署員らがJR平塚駅前で情報提供を呼びかけるチラシを配布した。

 飯塚博史署長は「事件を風化させないよう広く情報を募りたい」と呼びかけた。県警は感染拡大の影響で20、21年のチラシ配布を中止していた。

 荒井さんの遺体は10年5月20日午前3時45分ごろ、平塚市横内の東海道新幹線の高架下に停車したタクシーのトランク内で発見された。首に刃物で刺された傷があり、運転席が燃やされて売上金がなくなっていた。