今年初のつつが虫病、能代管内 青森の男性、快方へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は20日、青森県内の70代男性が能代保健所管内の医療機関でつつが虫病と診断されたと発表した。県内では今年初の患者。快方に向かっている。

 県保健・疾病対策課によると、男性は10日から発熱と発疹の症状があった。17日に能代保健所管内の医療機関を受診し、19日につつが虫病と診断された。左足に刺し傷があった。男性は青森県内の山林に出入りする機会があったという。

同じジャンルのニュース