秋田県のワクチン3回目接種率64・75% 全国最高

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種率(19日時点)で秋田県が64・75%となり、国の集計で全国最高となった。若い年代への接種が進み、全国平均(56・75%)を8ポイント上回った。県医務薬事課は「医師会や病院などの協力の下、市町村が接種態勢を整えてきた結果」としている。

 県内の一般向けの3回目接種は2月から本格化したが、当初の接種率は全国平均を下回っていた。本県では接種券を一斉に配らず、年代の高い順に配る市町村が多かったことなどが要因とみられる。

秋田の最新ニュース