時代を語る・明石康(12)国連部長に誘われる

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 「米国のいいところ、悪いところ、何でも見てくれ」。デューク大で6週間行われたオリエンテーションで、先生が開けっ広げに言ってくれたことが印象に残っています。それから通い始めたのがバージニア大大学院です。

 最初は言葉に困りました。私は留学前にはそれほど不自由なく英語を話せていたと思います。でも留学した地方には独特のなまりがありました。学生同士の会話でも、辞書には載っていない表現があり、分からずに笑われることがありました。慣れるまでは戸惑いましたね。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース