NY株、90年ぶりの8週続落 大恐慌以来、景気悪化を懸念

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ニューヨーク証券取引所のディーラーたち=20日(ロイター=共同)
ニューヨーク証券取引所のディーラーたち=20日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比8・77ドル高の3万1261・90ドルで取引を終えた。だが、週間では前週末比934・76ドル安で8週連続の下落となった。ダウ・ジョーンズ通信によると、大恐慌時の1932年以来、90年ぶりの連続下落。3月下旬以降の8週間の下げ幅は合計で約3600ドルに達した。

 高インフレや物価上昇を抑えるための米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めが景気悪化を招くことへの警戒が広がり、投資家がリスク回避姿勢を強めた。

 最高値の更新は1月以降なく、下落傾向が強まっている。