「鬼の副長」土方を熱演、函館 3年ぶり五稜郭祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
土方歳三になりきって寸劇を披露するコンテストで優勝した佐々木育恵さん=21日午後、北海道函館市
土方歳三になりきって寸劇を披露するコンテストで優勝した佐々木育恵さん=21日午後、北海道函館市

 北海道函館市で21日、戊辰戦争最後の舞台となった歴史を伝える「箱館五稜郭祭」が始まった。市芸術ホールでは、戦死した新選組の「鬼の副長」土方歳三になりきって寸劇を披露するコンテストが開かれ、東京都日野市のアルバイト佐々木育恵さん(31)が優勝した。

 コロナの影響でコンテストは3年ぶり。北海道のほか埼玉県や愛媛県などから男女14人が出場。新政府軍と戦い銃弾に倒れる土方の最期を思い思いに演じ、集まった約400人の観客を沸かせた。

 優勝した佐々木さんは4度目の出場という。「同じ空気を吸いたい」と土方の故郷・日野市に引っ越すほどのファンで、殺陣も習い始めたという。