残雪の白神山地、ブナの新緑鮮やか 藤里駒ケ岳山開き登山

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
残雪を踏みしめながら頂上を目指す参加者
残雪を踏みしめながら頂上を目指す参加者

 白神山地の藤里駒ケ岳(1158メートル)で21日、山開き登山が行われ、県内外の22人が残雪を踏みしめながら山頂を目指した。秋田白神ガイド協会が主催する「白神山地エコツアー」の一環。

 藤里町の黒石沢登山口で安全を祈願した後、佐々木文明町長らがテープカット。参加者は出発から20分ほどで新緑が色鮮やかなブナ林に到着。日光に照らされて輝く葉やコケがびっしりと付いた大木に見入っていた。

秋田の最新ニュース