【首都圏発】秋田の味にこだわり25年 西新宿「旬味きり山」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
料理を盛り付ける畠山さん
料理を盛り付ける畠山さん

 東京・西新宿で和食「旬味きり山」を営む畠山實さん(68)は秋田県能代市出身。飲み屋が連なる小滝橋(おたきばし)通りの激戦区で店を構え、25年になる。県産食材にこだわった秋田の郷土料理や地酒を中心に、上品な味わいが訪れた客を楽しませている。

 約30種あるメニューの中で根強い人気を誇るのがきりたんぽ鍋だ。比内地鶏をはじめ具材も県産を使用している。冬期間限定で、毎年目当てに訪れる客は多い。今の時期はきりたんぽ鍋に代わり、三種町森岳産のジュンサイ鍋を提供している。