交代の運転士が寝過ごす、こまちに5分遅れ 大曲駅

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 21日午後9時35分ごろ、秋田県大仙市のJR大曲駅で、仮眠を取っていた乗り継ぎ運転士が寝過ごし、ホームに出る時間が遅れたため、秋田新幹線下りこまち41号の発車が約5分遅れるトラブルがあった。乗客28人に影響が出た。22日、JR秋田支社が発表した。

秋田の最新ニュース