女子は秋銀、男子はJR秋田が優勝 県総合バスケ

※写真クリックで拡大表示します
【女子決勝・秋田銀行―湯沢翔北高A】第1クオーター、秋田銀行の村上(左)がゴール下からシュートを決める
【女子決勝・秋田銀行―湯沢翔北高A】第1クオーター、秋田銀行の村上(左)がゴール下からシュートを決める

 バスケットボールの第77回県男女総合選手権大会最終日は22日、秋田市のCNAアリーナで男女決勝を行った。

 女子は秋田銀行が湯沢翔北高Aを89―65で下し16大会連続17度目の頂点に立った。男子ではJR東日本秋田がblaze akitaに118―43で大勝して10大会連続16度目の制覇。

 優勝チームは、9月17、18日に行われる天皇杯・皇后杯全日本選手権1次ラウンド東日本大会に本県代表として出場する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース