長期戦へ戒厳令90日延長 日本支援の音楽学校破壊

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ウクライナ南東部マリウポリで破壊された路面電車=21日(AP=共同)
ウクライナ南東部マリウポリで破壊された路面電車=21日(AP=共同)

 【キーウ(キエフ)共同】ウクライナ最高会議(議会)は22日、ロシアの侵攻に伴う戒厳令と総動員令を8月23日まで90日間延長することを承認した。成人男性の出国禁止などを継続し、長期戦に備える構えだ。

 一方、東部ドネツク州のキリレンコ知事は21日、ロシア軍により州内のリマンやミコライウカなどで市民計7人が殺害され、10人以上が負傷したと交流サイト(SNS)で明らかにした。また、日本政府の支援で2016年に改修されたスビャトヒルスクの音楽学校が破壊されたと述べた。

 米シンクタンク「戦争研究所」はロシア軍が南部で部隊を増強しているとの分析を明らかにした。