TDK、31年連続優勝 都市対抗野球県予選

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【JR秋田―TDK】TDKの先発権田は6回を3安打無得点に抑えた
【JR秋田―TDK】TDKの先発権田は6回を3安打無得点に抑えた

 第93回都市対抗野球1次予選県大会最終日は22日、大仙市大曲球場で準決勝と決勝を行い、決勝でTDKがJR秋田を圧倒し31年連続40度目の頂点に立った。最高殊勲選手賞に権田琉成(TDK)、打撃賞に北畠栞人(同)、優秀選手賞に齋田海斗(同)、敢闘賞に鈴木雄大(JR秋田)が選ばれた。TDKとJR秋田は6月3~9日に山形県で行われる2次予選東北大会に進む。

▽決勝
TDK 7―0 JR秋田
(八回コールドゲーム)

新人右腕権田「小木田さんの穴埋められる投手に」


 TDKは明星大出の新人右腕権田琉成が決勝で今大会初登板。「考えすぎず投げた。リラックスして臨めた」と振り返る。

同じジャンルのニュース