若者のミカタ:森川聖さん(北秋田市) わらび座は心地良い私の居場所

有料会員向け記事
お気に入りに登録

バックステージツアーに参加し、役者と一緒に写真を撮ってもらう森川さん(手前)

 照明が落とされ、しんと静まりかえる劇場。月4、5回通うこともあるというが、上演を待つ時間は、いつもどきどきする。「きょうはどんな舞台が見られるんだろう」

 大型連休中の5月4日、秋田県北秋田市小又の会社員森川聖さん(24)は仙北市のわらび劇場へ向かおうと、午前8時に自宅を出発した。目当ては新作ミュージカル「ゴホン!といえば」。秋田にルーツのある喉薬「龍角散」に関係する物語だ。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース