日米、中国抑止へ同盟強化 大統領、台湾有事の関与明言

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
首脳会談を終え共同記者会見するバイデン米大統領(左)と岸田首相=23日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
首脳会談を終え共同記者会見するバイデン米大統領(左)と岸田首相=23日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 岸田文雄首相は23日、バイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。軍事力を急拡大している中国を念頭に、米国が核兵器と通常戦力で日本防衛に関与する「拡大抑止」確保へ閣僚を含め緊密に協議することで一致し、同盟強化を図った。バイデン氏は共同記者会見で、中国が台湾を攻撃した場合の軍事的関与を明言。首相は防衛費の「相当な増額」への決意を伝達した。両首脳は共同声明を発表、ウクライナ侵攻を残虐で不当な侵略だと非難した。

 プーチン大統領による核の威嚇を踏まえ、中ロの核や通常兵器の脅威に対抗する方針を表明。東アジアで力による現状変更を断じて許容しない考えを強調した。