豪新首相、初仕事は外交 労働党政権、対中巡る発言焦点

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
23日、日本に向かう飛行機に乗り込むアルバニージー首相(右)とウォン外相=オーストラリア首都キャンベラ(ゲッティ=共同)
23日、日本に向かう飛行機に乗り込むアルバニージー首相(右)とウォン外相=オーストラリア首都キャンベラ(ゲッティ=共同)

 【シドニー共同】オーストラリアのアルバニージー首相が率いる労働党政権が23日始動した。最初の大仕事は、24日の日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」首脳会合。選挙中は外交問題を語ることがほとんどなく、中国の脅威にどう具体的に対処していくか発言に注目が集まっている。

 過去の労働党政権は、中国に融和的な姿勢を取ってきた。日米は対中包囲網に影響が出ないか注視していく考えだ。

 アルバニージー氏は就任会見で「中国との関係は困難なものであり続ける」と強調。経済的、軍事的圧力を強める中国の姿勢が変わらない限り、自ら関係改善に乗り出すことはないとの立場をにじませた。