首相「改憲機運高めたい」 超党派の大会にメッセージ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
超党派の「新憲法制定議員同盟」が開いた大会にビデオメッセージを寄せた岸田首相=23日午後、東京都千代田区
超党派の「新憲法制定議員同盟」が開いた大会にビデオメッセージを寄せた岸田首相=23日午後、東京都千代田区

 岸田文雄首相(自民党総裁)は23日、超党派の「新憲法制定議員同盟」が東京都内で開いた大会にビデオメッセージを寄せ「憲法改正の議論に国民が主体的に参画する機会を積極的に設け、改憲に向けた機運をこれまで以上に高めたい」と述べた。大会は改憲に向けた決議を採択する。

 首相は「憲法施行から75年が経過した。時代にそぐわない部分、不足している部分については改正していくべきではないか」とも語った。

 今国会は衆院憲法審査会が毎週のように開かれ、自民が狙う改憲に関する議論が進展している。

 大会には安倍晋三元首相も来賓として出席し、あいさつした。